運気向上の土台を作る。

大空を羽ばたくカモメ 【開運の習慣 1章】環境を整える

開運体質の土台を作る。

すっきりと整った我が家

仕事、学校が終わって「さて、家に帰るか!」

そう思って思い浮かべる我が家はどのようなイメージでしょうか?

この画像のようなスッキリと整った部屋が帰る場所なら

頭も心もスッキリとした気持がしませんか??

帰ってすぐに食事の支度に取り掛かり、テーブルの上に料理を並べるのが楽しそうです。

食事の後は奥の机で資格の勉強に取り組んだり、

ソファでゆったりコーヒーを飲んだりするのも癒されそうです。

・・では逆に、この画像のような部屋に帰るとしたら、どうでしょうか。

散らかった部屋

安らいだ気持ちで食事したり、クリアな思考で読書したり、できるでしょうか?

もしかすると、毎日見ているせいで、もはや「あまり気にならない」状態になっているかもしれません・・・しかし。無意識のレベルでは相当なストレスを受けています。

足元にあるものを踏まないように避けて通る、座るためにソファーの上の衣類をどかす、テーブルの上のモノも寄せる、何をするにも余計な判断と動作が必要です。

本来、クリエイティブなことに使うはずの脳の領域が、無駄な注意や動作に使われているのです。

これでは持っている力の70%、いや50%くらいしか発揮できなくても文句は言えませんね。

さて、ここでもう一度、スッキリと片付いた我が家へ帰ってみましょう。

片付いた部屋

頭も心もスーッとスッキリする感じがしますよね?

食事だって美味しく食べられる気がしますよね。私は料理に腕を振るいたくなります。

何をやるにも軽いフットワークで取り組めそうですよね。私は創作意欲が湧きます。

片付いた部屋が心にも体にも良いのは間違いありません。

今、実感して頂いたように、環境を整えることは効果的かつ即効性のある優れた開運法なのです。

まずはデトックスでしょ。

先ほどの散らかった部屋の画像を見たとき、重たくどんよりした気持ちがしましたよね。

何がそのような気持ちを起こさせるのでしょう?

大切な存在

人と同じで、大切に扱われないモノは”邪気”を放ちます。

”邪気”なんて、信じられませんか?

いやいや。目には見えなくても、あなたの無意識はちゃんと感じ取っています。

何が入っているか、もう覚えていないダンボール。毎回目につくけど、あとでと思いながら数週間経過した冷蔵庫の奥の食品。テーブルの上に一か所にまとめられた、謎の寄せ集めの一画。

なんとなく見て見ぬふりをしてしまうモノたち。無意識に遠ざけようとしていますね。

だから、無意識はちゃんと感じ取っているのです。大事にしてもらえないモノたちの発する”邪気”を。

その邪気を放つモノたちを、私たちは感知して遠ざけたくなるので、さらに目に触れない引き出しの奥、冷蔵庫の奥、積み重なった書類の下の方にどんどん追いやられ、邪気は溜まる一方なのです。

泥水の入った容器に綺麗な水を注いでも、泥水が薄まるって綺麗になるには沢山の量の水が必要です。容器の中の水をなるべく早く綺麗な水で満たすには、まずは泥水を捨てるのが先決ですね。

気の場合にも同じことが言えます。

まずは邪気のデトックスが必要です。

”邪気”って何よ?

最初に答えを言います。

”邪気”とは、流れの滞った気、自分の体に合わない気、良くない雰囲気、ストレス

そういった感じで認識されます。

例えば、日常的によく使う「ツボ」という概念は、「経絡」と呼ばれる、人体を流れる気の通り道の上にあるポイントですが、

気の流れが滞ると、心身の調子が次第に悪くなり

経絡の気の流れが完全に詰まってしまったら、邪気が排出できずに溜まっていき

やがて器質的な疾患へ移行すると考えられています。

ちなみに、経絡は老化によっても詰まりやすくなり、まだ気の流れがスムーズな子供のことを「無邪気」と言ったりしますね。

足つぼ

ツボを押すと体に良い効果があることを、かなり多数の方が実感しておられると思いますので

あながち「気の流れ」という考え方も、完全否定は難しいのではないでしょうか。

そもそも目に見えないものなので、「本当にあるか」を目に見える形で証明することは難しいです。

しかし逆に言えば「絶対にない」とも言い切れません。

心身の不調の原因となる邪気を体に取り入れないためには、

まず自分が長い時間を過ごす環境から発生する邪気を抑えるのが寛容です。

また自分自身が生み出す邪気もあれば、他人から、SNSやニュースなどからもらう邪気など

自分の住環境以外にも邪気にさらされる機会は多くありますので

環境を整えたら、次は自分のカラダココロ、そして最後に気の流れを考えて行動する

というサイト構成になっていますので

順に読んでいただければ、理解を深める助けになると思います。

「身の回りを整える」ことは、即効性のある優れた開運法である。

「風水」という言葉をご存じでしょうか。

「え?風水?なんで??」と唐突に感じられたらすみません。

ですが、「気」の考えと「風水」はとても密接にかかわっています。

何故ならば、風水の発祥は、土地の気の流れに着目し、数千年かけて、軍事、政治まで含めたレベルで中国の人が超本気、超真面目に「開運」を考えた「開運術」だからです。

木漏れ日

気には大きく3種類あり

動物、植物、鉱物がこの世に生まれたときに授かった「元の気

太陽光や風、大気など、肌を介して吸収できる「天の気

大地に流れる気、食物を通して得られる気である「地の気

に大別されます。

主に「地の気」の流れに着目し、

良い気の流れを自分の方へ引き込み、運気を上げる試みが風水なのです。

体の経絡に気が流れているように、大地に流れる気のルートを龍脈と呼び

大地から良い気が噴き出すポイントは龍が住まう龍穴と呼ばれます。

日本にも超強力な龍穴が数か所存在すると言われていますよ。

龍穴と呼ばれるようなスポットは限られますが

地球が大気に包まれているように、気は全ての空間に存在しますから

あなたの家の中にも、気が満ちているわけです。(良い気か悪い気かは分かりませんが)

次に取り組む自分のカラダとココロを整えたときの土台として

まずは、一日の長い時間を過ごし、家族との関係性を作る

家の中を流れる気を整えることが、開運に繋がるの最初のステップとなるのです!

本気でやれば、どんなに散らかった部屋でも1~2日で片づけることができるでしょう。

実際のところはご自身のできるペースにはなりますが

冒頭にも言った通り、環境を整えることは効果的かつ即効性のある優れた開運法なのです。

開運は読むだけ、考えるだけでは手に入りません。

物理的な世界に働きかけることで、効果も物理的に現れます。

それでは、具体的に何を実践すれば良いかを見ていきましょう。

1章 環境を整える その②・行動編

理論を先に頭に入れたい方は、次の章へ。

2章 カラダを整える

タイトルとURLをコピーしました